新着情報ブログ

BLOG

9

【iPhoneの画面割れを放置しない方が良い理由】

携帯電話関連

iPhoneの画面ってヒビ割れしたまま使っている方が多いですよね。

 

いやでもすぐに割れるから!と思っている方も多いと思います。

しかしそのまま放置すると取り返しのつかないことになる事も・・・

 

■ヒビから水が入ってくる

iPhoneの画面割れは保証対象外だと修理費用が高いので、少しのひび割れ程度だと、そのまま使い続けてしまうことがあります。

 

操作に問題はなくても、本来あるはずのないひびがあるということは、何かしらのリスクを伴う可能性は否定できません。

iPhoneは、防水機能のないモデルもあります。

また、新機種に関しても、あくまで防水機能があるだけで、完全防水ではありません。

 

そのため、少しのひびでもそこから水分や湿気が入り込むと、水没扱いになる可能性があります。

水没扱いになると、使えなくなるのはもちろん、データも復旧させることが出来なくなる場合があります。

 

早急に修理が必要です。

 

■耐久性が弱くなる

また、ひびが入ると、フロントパネル全体の耐久性は弱くなります。

 

少しの衝撃でもフロントパネルが割れてしまうこともあります。

 

それに、iPhoneの画面はガラス素材のため、画面が割れて砕けたら、怪我をすることもあるでしょう。

 

最初は端の方だけの小さいひびだったのに、使い続けることで画面全体にひびが広がることもあります。

 

こうなるといつ割れてもおかしくない状態です。

 

何気ない操作でもパネルに触れた瞬間、ガラスが割れることもあります。

寝ながら操作していて、顔にガラスの破片が落ちてきたら…想像しただけでもどれだけ危険かお分かりいただけるはずです。

 

ひびが入った時点で、それが大きかろうと小さかろうと、耐久性は大きく低下することを忘れないでください。

 

■操作ができない

画面にひびがあると、意図するのとは違う操作をしてしまうことがあります。

 

自分では操作したいところをタッチしているつもりでも、iPhoneが誤認識すれば、使いたいアプリもつかえません。

 

それどころか、不要なアプリが立ち上がってしまうことだってあります。

 

また、アプリを使おうとして、iPhoneの誤認識により誰かに電話をかけたりすることもあります。

 

こうなるともはや自分以外の人にも迷惑がかかってしまいます。

 

操作に支障が出る前に交換か修理に出すようにしましょう。

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP